2017年9月25日 (月)

秋の芽欠き 2017/09/24


キンリョウヘンとフォアゴットンフルーツから1本ずつ葉芽が出てきました。


■キンリョウヘンの葉芽
Dsc_0650


■フォアゴットンフルーツの葉芽
Dsc_0652


どちらも小ぶりなので欠き取りました。


■欠き取った葉芽
Dsc_0653


左がキンリョウヘンの葉芽、右がフォアゴットンフルーツの葉芽です。

育っても小さな株になりそうなので欠き取りました。

あと、秋に出た葉芽を欠き取ると、その後花芽が出ることがあるみたいです。




2017年9月17日 (日)

台風対策 2017/09/16


台風が来るので簡単に対策をしました。

対策と言っても、日除けのよしずを丸めただけですが。

ついでに内見をしました。


■B群の内見
Dsc_0647


現在、巣箱は土台含めて6段です。

巣板は見えないけど、蜂群は5段目の半分まで来ています。

いよいよ採蜜せねば。

採蜜の前に1段足したいけど…、6段目を足したときでギリギリだったから無理かな。。



ラン達は屋内に避難させました。


■屋内避難中
Dsc_0648


最近新しい仲間が増えました。

誘引ランじゃないけど、シンビジウム・マディダム(Cymbidium madidum)です。

あと、着生ランの在来種でイリオモテラン(ニュウメンラン)とコウトウヒスイランです。

今のところ、ちゃんと育ってます。




2017年9月16日 (土)

スアビッシマムの芽欠き 2017/09/16


昨年の夏に順化したシンビジウム・スアビッシマムです。


Cymbidium suavissimum
Dsc_0640


■もう1鉢
Dsc_0641


夏場、3株程すっぽ抜けがありましたが、大半は無事に育っています。

内1株から葉芽が出てきました。


■スアビッシマムの葉芽
Dsc_0646


■別角度
Dsc_0643


まだ幼苗なので、葉芽は欠き取りました。

バルブが充実するまでは、葉芽が出たら欠き取ります。




2017年9月14日 (木)

ハチミツソウが開花中 2017/09/13


ハチミツソウこと、ハネミギクが開花中です。


■ハネミギク
Dsc_0638


だいぶ前に植えていたのを忘れていました。

二ホンミツバチはあまり好まないそうです。



ダンギクの蕾が色付いてきました。


■ダンギク
Dsc_0639



■今日の蛹
Dsc_0637


■横から
Dsc_0636


タテハモドキの蛹です。

前日庭をうろうろしていた幼虫が、こんなところで蛹化していました。




2017年9月 9日 (土)

庭の生き物 2017/09/08


■シオカラトンボ
Dsc_0620


一見、メスのように見えますが、これは未成熟のオスです。

腹部の先端が、オスは二股、メスは三股になります。

これから粉を吹いたようになっていって、よく見る青白い色になります。



■カマキリ
Dsc_0623


羽化に失敗したカマキリがいました。

目も片方濁っていたので、片方しか見えていないかもしれません。

頑張って長生きして欲しいなぁ。



■ルリタテハ
Dsc_0627


閉じてると地味だけど…


■表
Dsc_0626


開くと、黒地に瑠璃色のラインがとってもきれーい。

ヘタムシが原因で柿の実がいくつか早熟しているけど、それに寄ってきたのかな。


その破れた柿の実を食べにオオスズメバチが毎日やってきます。

近くにB群がいるけど、よしずで死角になっているので全く気付く気配がありません。




2017年9月 6日 (水)

A群が消滅 2017/09/05


本日、A群の消滅を確認しました。


■空っぽになった巣箱
Dsc_0618


左側面にぽつんと小さな巣だけが残っています。

復活させてあげられなかったのが残念でなりません。


一つわかったことは、働き蜂は1ヶ月以上生きられるということ。

今回7月2日に巣箱を引越ししてからつい最近まで確認していたので、2ヶ月程度は生きていたということになります。

女王が不在場合とか、特殊な条件で寿命が延びる可能性もありますけどね。



■今日のシロテンハナムグリ
Dsc_0617


オミナエシにて交尾中。



■今日のアケビコノハの幼虫
Dsc_0619


目玉模様が特徴的ですね。




2017年9月 2日 (土)

サンスベリア・マッソニアーナ 2017/09/01


サンスベリア・マッソニアーナです。

先日のグランディスとよく似ていますが、こっちの方が大型になります。


■サンスベリア・マッソニアーナ
Dsc_0614


子株が出てきました。


■マッソニアーナの子株
Dsc_0615


早く大きくなーれ。




2017年8月31日 (木)

フィンレイソニアナムに蛾が訪花 2017/08/31


フィンレイソニアナムに蛾が訪花していました。


■タケノホソクロバ
Dsc_0613


■吸蜜中
Dsc_0612


タケノホソクロバという蛾です。

訪花昆虫だけど、体が華奢すぎてポリネーターにはなれませんね。



■今日のツマグロヒョウモン
Dsc_0610


オミナエシに訪花していました。


■その2
Dsc_0611


続いてオトギリソウに梯子訪花。

どちらの花もうちの蜂達は訪花しません、、




2017年8月30日 (水)

B群の内見 2017/08/30


順調なB群を内見しました。


■B群の内見
Dsc_0605


現在、全6段で巣板は4段強といったところでしょうか。

最近は花粉の持ち込みが少ないので、巣板の伸びも落ち着いているようです。



■フィンレイソニアナムが2度目の開花
Dsc_0606


フィンレイソニアナムの2本目の花穂が開花しました。

今回も全部開花したら切り花にします。



■今日のイチモンジセセリ
Dsc_0609


フォアゴットンフルーツの葉の上で休んでいました。

蛾のような感じもしますが蝶の仲間です。




2017年8月29日 (火)

サンスベリア・グランディス 2017/08/28


サンスベリア・グランディスです。


■サンスベリア・グランディス
Dsc_0602


一番最初は、左の倒れた葉1枚でした。

去年真ん中の2枚目が生えて、今年右の子株が出てきました。


■子株のアップ
Dsc_0603


子株が中を押し広げて鉢が変形してしまいました。


グランディスの葉の模様が特に気に入っています。

葉が若いほど模様の濃淡がくっきりしていてきれいです。




«アロイフォリウム 2017/08/26

関連商品

無料ブログはココログ