2017年10月23日 (月)

キンリョウヘン白花の花芽 2017/10/23


花芽レース、5着はキンリョウヘン白花でした。


■金稜辺白花の花芽
Dsc_0727



ちょっと前に仕掛けていたペットボトルトラップにスズメバチが1匹かかっていました。


■トラップにかかったスズメバチ
Dsc_0725


仕掛けてから10日ぐらいたってやっと1匹かかりました。




2017年10月21日 (土)

マヌカが開花 2017/10/20

マヌカハニーでおなじみのマヌカが開花しました。


■マヌカ(赤花)
Dsc_0719


和名はギョリュウバイです。

まだ草丈が30cmくらいしかないのに咲いてびっくり。

今回咲いたのは赤花で、一緒に買った白花の方は蕾も付いていません。


いずれはたくさん咲かせて、二ホンミツバチに訪花してもらう予定です。



■今日のアシナガバチ
Dsc_0718


2~3日前からいます。

たぶんですが、今期の営巣を終えた働き蜂がここで余生を過ごしているんじゃないかなと思います。




2017年10月17日 (火)

ミスマフェットアルバの花芽 2017/10/17

花芽レース、4着はミスマフェットアルバでした。


■ミスマフェットアルバの花芽
Dsc_0714


Dsc_0715


Dsc_0716


1つあったと思ったら、全部で4つ付いていました。



■搾りかすの軽量化
Dsc_0717


蜜でベタベタの巣くずも、巣箱に入れておけば1日でカラカラになります。


そういえば、この直後に目頭付近に1刺しくらいました。

巣箱から飛び出してきた1匹が、顔にとまったと思ったら目頭付近でグルグル回りだしたので、そこで初めて刺されたことに気付いて、慌てて振り払って毒針を抜き取りました。

すぐ指で毒を絞り出した後、ドライヤーで患部を暖めて、更にお湯を入れた湯飲みを当てて暖めました。

結果、殆ど腫れることもなく、触るとちょっと痛痒いぐらいで済みました。


不確かな情報ですが、蜂毒は温めることで無毒化できるとのこと。

※お試しの際は自己責任でお願いします。




ミスマフェットの花芽 2017/10/16

花芽レース、3着はミスマフェットでした。


■ミスマフェットの花芽
ミスマフェットの花芽


秋雨前線のせいでここ数日雨か曇りの日が続いています。

しかも、週間天気予報では1週間先まで晴れマークがありません。

日照不足がちょっと心配ですね。


■今日の内見
二ホンミツバチの巣箱を内見


2回に分けて2段採蜜後です。

逃居の気配も無く、順調です。


毎日、採蜜後の搾りかすをあげて、巣くずを軽量化してもらっています。

只今、巣箱の近距離移動中で、消滅したA群を置いていた場所に毎日少しずつ移動させています。




2017年10月15日 (日)

2回目の採蜜 2017/10/14


1週間前の採蜜に続き、本日2回目の採蜜を行いました。

採蜜後、早速蜜蓋を切って垂らしました。


■ハチミツ垂らし中
Dsc_0701


容器はダイソーで買いました。

ホコリが入らないように、隙間をラップで塞いでいます。


■ぽたりぽたり
Dsc_0706


Dsc_0709


Dsc_0710


この状態で2~3日垂らします。

その後、巣箱から巣板を外して、もう一度丁寧に蜜蓋を切って1日かけて垂らします。




2017年10月14日 (土)

デボニアナムの花芽 2017/10/13


花芽レース、2着は以外にもデボニアナムでした。


■デボニアナムの花芽
Dsc_0699


葉芽かもしれないけどー。




2017年10月11日 (水)

キンリョウヘンの花芽 2017/10/11


キンリョウヘン原種赤花に今期初めての花芽が付きました。


■キンリョウヘンの花芽
Dsc_0695


■別角度
Dsc_0697


葉芽の可能性もありますけどおそらく花芽でしょう。



■今日の蝶々
Dsc_0698


ブロック塀に這わせたナツヅタにウラギンシジミのオスがとまっていました。




2017年10月10日 (火)

垂れ蜜の瓶詰め 2017/10/09


昨日、採蜜後1日かけて垂らした蜜を瓶詰めにしました。


■二ホンミツバチの蜂蜜
Dsc_0693


大瓶2本と中瓶1本と小瓶2本分取れました。

色もいいし、味は去年のよりもまろやかで大変美味しゅうございました。

ミツバチ達に感謝です。


残った巣板を搾るために巣箱から切り離しましたが、まだ蜜蓋が切れていない部分が結構あったので、切りなおしてもう1日垂らすことにしました。

垂れ蜜だけであと大瓶1本分は取れそうです。




2017年10月 9日 (月)

採蜜 2017/10/08

まずは今日の内見を。


■B群の内見
Dsc_0688


もう限界です。

現在、土台含めて6段中、5段目の際まで来ています。


ということで、今年初めて1段だけ採蜜をしました。

まずは先に継ぎ箱を足して7段にして、天板をはがしました。


■天板下
Dsc_0689


天板をはがすと、ちょっと微妙か…と思いましたが、1段目を切り取ってみると…


■1段目切り取り後
Dsc_0690


充分貯まっていたので安心しました。

2段目もいけそうなので、来週か再来週もう1段採蜜する予定です。


今回も念のため面布だけしましたが、特に襲ってくる蜂もいなくて、改めて二ホンミツバチの温和さを実感しました。


■垂れ蜜採取中
Dsc_0691


巣板に切れ目を入れて、リビングの上の方に置いています。

丸一日垂らして、残りは搾り密にします。

まずは明日どれくらい取れているか楽しみです。




2017年10月 2日 (月)

二ホンミツバチの謎の行動 2017/10/02


昨日の出来事です。

庭に一輪だけ咲いている黄色いバラに、うちの二ホンミツバチが訪花していました。

でも、ただの訪花ではなくて、一輪の花に4~5匹の蜂が来ていたのです。


■バラに訪花
Dsc_0666


Dsc_0669


Dsc_0670


Dsc_0671


Dsc_0672


Dsc_0673


Dsc_0675


Dsc_0676


どうも、普通の訪花とは様子が違います。

どの蜂も花びらのふちをかじっていました。

この行動にどんな意味があるのか、皆目見当も付きませんが、珍しいものが見られて少し興奮しました。



■今日のクマバチ
Dsc_0680


Dsc_0681


Dsc_0682


ダンギクに訪花していました。

こう見えて、おとなしい蜂です。




«スズメバチの襲来 2017/10/01

関連商品

無料ブログはココログ