« 今日の巣門前 2016/04/26 | トップページ | 巣落ちの原因 2016/04/28 »

2016年4月28日 (木)

また巣落ち 2016/04/27

4月20日に続いてまた巣落ちしてました。

この時期に何で??

もう本当にショックです。


いつものように巣箱を見に行くと、巣門の奥に白い影が見えました。

まさかと思い扉をそーっと開けると案の定巣落ちしてました。


■2度目の巣落ち

Dsc_1044

左奥に1かけらと右奥に1かけら、そして中央に中くらいのが1つ。

左右の巣は既に壁にくっ付けられていました。

中央の巣をどかすと下に10匹程の蜂達が圧死していました。

可哀想に。

女王が死んでないことを祈ります。


巣箱の上部はいつもの光景だったので多少安心しました。


■巣箱上部の様子

Dsc_1047

落ちた巣には蜜が結構入っていたので、搾ってちょっと味見してみました。

まだ粘度があまり無くサラサラの状態で、花粉が混ざったせいかちょっと酸味のある甘さでした。


搾った蜜は、殆ど蜂達に返してあげました。

浅いトレーに蜜を入れて、蜂達が蜜まみれにならないように竹の割り箸を乗せました。


■給餌?

Dsc_1048

あと巣門の前にも少し垂らしてみると、仲良く並んで飲み始めました。


■整列

Dsc_1050

可愛いか~。


一度この場から離れて、3時間後また見に行くと…


■3時間後

Dsc_1052

綺麗に飲み干していました。




いったいなぜこの時期に巣落ちするのか。


現在は4月の下旬で、気温もそれほど高くありません。

巣の設置場所は朝日は当たるものの日中から夕方まで完全日陰です。

しかも昨日の天気は曇り、今日は雨で、日は全然当たってません。

故に巣箱内が高温になっていたということは考えにくいと思います。


あとは地震。

確かに地震はあったけど、震度1程度が1回あったかなぐらいです。


今回のは、出来て間もない巣板に蜜が多少入っていて、そこに弱いながらも地震が来たので強度がもたず巣落ちした、というところでしょうか。


そう考えると、さっき蜜を蜂達に返したのはまずかったかなー。

巣板が減った上に貯蜜が増えたらまた更に巣落ちの可能性が。


でも、1週間前の最初の巣落ちは、直径10cm程度のが1個落ちただけでした。

蜜も殆ど入ってなかったので、こっちは全く原因がわかりません。


今のところ巣落ちの規模も小さく逃居も無いのでいいのですが、これからも巣落ちがあるかもしれないと思うと憂鬱になります。


とりあえずもう地震が無いことを祈るばかりです。




■今日のおまけ

Dsc_1051

今日もバラの中にいましたよ。




« 今日の巣門前 2016/04/26 | トップページ | 巣落ちの原因 2016/04/28 »

ニホンミツバチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261531/65200853

この記事へのトラックバック一覧です: また巣落ち 2016/04/27:

« 今日の巣門前 2016/04/26 | トップページ | 巣落ちの原因 2016/04/28 »

関連商品

無料ブログはココログ