« 今月2度目の継ぎ箱追加 2016/09/23 | トップページ | 順化の途中経過2 2016/09/26 »

2016年9月25日 (日)

ニホンミツバチの採蜜 2016/09/24

今日、初めての採蜜に挑戦しました。

いつもの内見とは訳が違うので、さすがに今日は長袖のシャツとジーパンと面布を装備しましたが、手だけは操作性を重視して素手にしました。

最初は天板をコンコンと叩いて蜂達を下にやるのですが、巣門からいっぱい出てくるかなぁと思って構えていましたが、意外と出てきませんでした。
うちの蜂達がおとなしい性格なのか、向かってくる蜂もいなかったように思います。

唯一苦労した点は、天板を切り離すときにワイヤーがなかなか通らなかったとこで、先にスクレーパーを間にザクザク差し込んでからワイヤーを通すと割と楽に切れました。

■天板を切り離したとこ
Dsc_1516

スムシの被害も全くなく、たくさん蜜が詰まっているように見えます。

■1段目を切り離した裏側
Dsc_1519

■取り出した巣板
Dsc_1520

一部、花粉や蛹が入っていたけど、殆ど蓋掛けされた蜜板でした。
まずは垂れ蜜を採取。

■垂れ蜜
Dsc_1521

ざるやボールが小さいものしかなく、何回かに分けてやりました。
垂れ蜜を採った後に、搾り蜜も採りました。

搾り蜜は、残った巣を細かくして、野菜の水切り(遠心力のやつ)で採りました。
殆ど搾ってはないけどね。
この蜜は冬場の給餌に使う予定です。

■ニホンミツバチのはちみつ完成
Dsc_1523

一番左の瓶が給餌用の搾り蜜で、残りが垂れ蜜です。
糖度計が無いので糖度が足りているかわかりませんが、殆ど蓋掛けされていたので大丈夫でしょう。

初めてニホンミツバチの蜂蜜を食べましたが、思っていたよりサラッとしていて、とてもフルーティーな味わいでした。
今まで味わったことが無い味で、大変おいしゅうございました。

■1段減った巣箱
Dsc_1522

1段採蜜して今現在は5段ですが、今の群の勢いだと冬までに6段あるいは7段になりそうです。
冬越しはあまり巣箱が大きくない方がいいみたいですが、1段目でわずかとはいえ蛹が入っていたので、これ以上今年の採蜜はできませんね。

ということで、初めての採蜜は何とか無事に終わりました。
今回の経験でだいぶ要領がつかめたので、来年はもっとスムーズにできると思います。

あとは、蜂達に感謝ですね。
貴重なはちみつをありがとう!




« 今月2度目の継ぎ箱追加 2016/09/23 | トップページ | 順化の途中経過2 2016/09/26 »

ニホンミツバチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261531/67650281

この記事へのトラックバック一覧です: ニホンミツバチの採蜜 2016/09/24:

« 今月2度目の継ぎ箱追加 2016/09/23 | トップページ | 順化の途中経過2 2016/09/26 »

関連商品

無料ブログはココログ