« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

フォアゴットンフルーツの花芽 2016/11/28


フォアゴットンフルーツの花芽の経過です。


■フォアゴットンフルーツの花芽
Dsc_1657


キンリョウヘンとかと比べると大きな品種なので、花芽もそれなりに大きいです。

実はこのランの開花が一番楽しみだったりします。




2016年11月27日 (日)

デボニアナムの花芽 2016/11/26


先月購入したデボニアナムの花芽です。


■デボニアナムの花芽
Dsc_1656

来た時よりちょっと大きくなったかな。




2016年11月26日 (土)

ミスマフェットの芽 2016/11/25


昨年購入した4.5号鉢のミスマフェットです。

晩秋からいくつか芽が付いていたけど、全て葉芽だったので都度刈り取っていました。

現在3つ芽が付いていて、暫く動きが無かったからてっきり花芽だと思っていたら、最近になって内1つの先っちょから緑色のものが…


■ミスマフェットの葉芽
Dsc_1649


■ミスマフェットの3つの芽
Dsc_1650


おそらく残りの2つも葉芽だろうなー。

がっかり。。


右のは小さいから刈るとして、残り2つはどうしよう。

大きいから残したいけど、刈ったら後から花芽が付くかもしれないし、迷うところです。




■今日の巣門前4枚
Dsc_1652

Dsc_1653

Dsc_1654

Dsc_1655


昨日底板を変えたせいか、今日は巣門をかじるやつが何匹かいました。

そのせいで大渋滞しているところです。




2016年11月25日 (金)

底板の取り換え 2016/11/24


夜間が冷え込むようになってきたので、金網仕様の底板からノーマル底板に取り換えました。


■今日の内見
Dsc_1648


暗くなってから撮りました。

最近まではまだばらけ気味だったけど、ようやく丸い形にまとまってきたねー。



あと、夜間の最低気温が5度を下回るということで、デボニアナム・ミスマフェット・フォアゴットンフルーツ・デボンオデッセイ・スワビッシマム・フィンレイソニアナムを室内に避難させました。


キンリョウヘン原種赤花と白花は戸外のままです。

去年は早く取り込みすぎて失敗したので、今年はまだまだ寒さに当てます。




2016年11月24日 (木)

キンリョウヘン白花の花芽 2016/11/23


春に大活躍してくれた5号鉢のキンリョウヘン白花です。


■キンリョウヘン白花の花芽
Dsc_1638


春に4本花芽が付いて全て枯れてから切り取ったせいか、新しいバルブの成長があまりよくありませんでした。

そして、花芽が出たと思ったら葉芽ばかりで、最近やっと2個花芽が付きました。


って、実はこれも葉芽でしたーってオチだったりして。。




2016年11月22日 (火)

キンリョウヘン原種赤花の花芽 2016/11/21


キンリョウヘン原種赤花の花芽が絶好調です。


去年、初めて入手したキンリョウヘン原種の赤花ですが、今年は1つのバルブにつき1つの葉芽を残しました。

結果、新しいバルブは3つなんですが、花芽はなんと7個も付きました!

3つのバルブの内、1つには花芽が3個も付いてます。


■1バルブに3花芽
Dsc_1632


株には負担かなとは思うけど、折角なんでとりあえず全部咲かせる方向で。


上のは4号鉢ですが、もう1鉢キンリョウヘン原種赤花の5号鉢があります。

こっちは割と大株なので、花芽は9個付きました。


前期は、初めての挑戦ということもあり、冬の管理に失敗して花とびさせてしまいました。(分蜂シーズン直前に花芽付きのキンリョウヘン白花を入手して、なんとか分蜂には間に合いました。)

花とびした原因は、室内に取り込む時期が早すぎた&水やりを控えすぎた、だと思います。


今期はしっかり寒さに当ててから取り込んで、水も適度にあげて、来春こそは絶対咲かせてみせるぜ!!




2016年11月21日 (月)

今日の内見 2016/11/20


久々内見をしました。

11月6日の分と合わせて載せます。


■11月6日の内見
Dsc_1617


■今日(11月20日)の内見
Dsc_1637


まだまだ増え続けています。


ここ最近、天候があまり良くなかったせいか、巣箱内の下の方が濡れていました。

まだ底板は金網仕様なんですがね。

カビが生えないといいけど。




2016年11月17日 (木)

シンビジウム フィンレイソニアナム 2016/11/16


ニューフェイスです。


■シンビジウム フィンレイソニアナムアロイフォリウム
Dsc_1629


■気根
Dsc_1630


東南アジア原産の原種ランで、現地では樹上に着生しているそうです。


たまたまネットで見かけて、蜂を集めるという謳い文句と1,500円という値ごろ感で即買いしました。


ただ、ニホンミツバチの分蜂群を集めるかどうかはわかりません。
ただ単にミツバチが訪花するという意味かも。


値段の割には結構な株数で根が回ってパンパンだったので、早速バークに植え替えました。


追記:上記のランはフィンレイソニアナムではなく、アロイフォリウムでした。後日、別のところでフィンレイソニアナムを買いなおしました。→フィンレイソニアナム 2017/01/19




■花粉団子(オレンジ)
Dsc_1626

このオレンジはおそらくセイタカアワダチソウだと思います。(一番左の蜂)


■花粉団子(黄色)
Dsc_1628


セイタカアワダチソウのシーズンも終盤で、最近は黄色や白の花粉が多くなってきました。


群の勢いは相変わらず絶好調です。




« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

関連商品

無料ブログはココログ