« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

探索蜂 2017/03/30


蜜蝋を塗ってキンリョウヘンと一緒に設置した待ち箱に、雄蜂と探索蜂がやってきました。

蜜蝋は去年の巣屑から初めて自分で抽出しました。


■雄蜂
Dsc_0139


■探索蜂と雄蜂
Dsc_0141


2枚目は、巣門前にいるのが探索蜂で、右側で飛んでるのが雄蜂です。

この待ち箱は今の飼育箱から2~3メートルしか離れていないので、ほぼうちの蜂で間違いないと思います。

何せ初めての分蜂なので、いつどこに蜂球を作るか分かりません。

分蜂板も作る余裕が無いので、分蜂したら是が非でもここにご入居いただきたい。




今日は、上の切り花にしたキンリョウヘンの元株の植え替えもしました。

去年バークに植え替えたけど、気が向いたので今年もやりました。


■キンリョウヘンの根
Dsc_0140


去年の根と比べると、かなりいい感じです。

今回は某コンポストに植え替えました。




2017年3月29日 (水)

日本蜜蜂の雄蜂 2017/03/28


今日は雄蜂が何匹も出入りしていました。


■ニホンミツバチの雄蜂
Dsc_0136


雄蜂は飛び方が雑で、働き蜂と羽音が違うので飛んいでるとすぐわかります。




■今日の内見
Dsc_0137


減ってるよー。

雄蜂の出入りは多いけど、分蜂できるのかなー。




2017年3月27日 (月)

新たな天敵 2017/03/26


最近は蜂児出しに悩んでますが、それに派生して別の問題が出てきました。


■ジョウビタキのメス
Dsc_0116


■ハクセキレイ
Dsc_0123


野鳥が下に落ちた蜂児を食べに来るようになりました。

写真は撮ってませんが、ヒヨドリが一番よく来ています。

蜂児だけならいいんですが、成虫まで襲っているので困ったものです。

蜂児出しと野鳥の襲来のWパンチで、うちの群はもしかしたら分蜂しないかもしれません。




今日、ランに液肥をやっていたら、開花しているキンリョウヘンに探索蜂が寄ってきました。


■探索蜂
Dsc_0132


開花してだいぶ経ちますが、まだ誘引力は残っているようです。

長く咲かせ続けると株に負担がかかるので、今日切り花にしました。




2017年3月26日 (日)

蜜源植物 2017/03/25


■桃
Dsc_0120


■アーモンド
Dsc_0119


■フキノトウ
Dsc_0121


花が少ないので訪花はありませんが、一応蜜源植物です。




2017年3月25日 (土)

花芽速報 2017/03/24


■キンリョウヘン原種赤花
Dsc_0125


■キンリョウヘン白花
Dsc_0126


■デボニアナム
Dsc_0130


■ミスマフェット
Dsc_0128


■ミスマフェットアルバ
Dsc_0129


■フォアゴットンフルーツ
Dsc_0127


ミスマフェットの花穂がようやく出てきました。




2017年3月15日 (水)

花芽速報 2017/03/15


■キンリョウヘン白花
Dsc_0102


■デボニアナム
Dsc_0100


■ミスマフェット
Dsc_0103


■ミスマフェット アルバ
Dsc_0101


■フォアゴットンフルーツ
Dsc_0104


■キンリョウヘン原種赤花
Dsc_0099


おわかりいただけただろうか。

最後の写真、画面右側にこちらを見つめる顔のようなものが写り込んでいるのを。




ミモザアカシアが開花 2017/03/14


ミモザアカシアが開花しました。


■ミモザアカシア(ギンヨウアカシア)
Dsc_0097

セイヨウミツバチは何匹か確認できましたが、うちのニホンミツバチ達は上空を素通りしてました、、

他にもっといい蜜源があるのでしょう。(花粉源かな?)



■今日の内見
Dsc_0098

巣板見えてるし、やっぱ減ってるかなぁ。

蜂児出しの量が増えてきたし。

ダメ元で蟻酸を投与してみます。


昨日くらいから雄蜂の蓋が目立ち始めました。

ここから2週間くらいで分蜂があるみたいだから、うちの群の初分蜂は3月27日前後かな。

それまでに治ってくれるといいけど。




2017年3月 9日 (木)

フォアゴットンフルーツの花芽 2017/03/09


夜間は室内ですが、無加温のフォアゴットンフルーツです。


■フォアゴットンフルーツの花芽
Dsc_0090

デカいな~。

咲くのが楽しみだ。



■キンリョウヘンの花芽
Dsc_0089

花芽が9本のキンリョウヘン原種赤花です。

昨日まで夜間は加温してましたが、これからは花芽の成長具合を見ながら微調整していきます。




2017年3月 7日 (火)

モウセンゴケ 2017/03/07


また食虫植物。

今回は、アフリカナガバモウセンゴケ(ドロセラ・カペンシス)です。

この子は前回のムシトリスミレ以上に小虫をバンバン捕獲します。


■モウセンゴケ
Dsc_0086


左のポットは何も無いように見えますが、実は休眠中のサスマタモウセンゴケ(ドロセラ・ビナタ)です。


■成長中
Dsc_0087


カペンシスは2株です。

新しい葉がどんどん出てきてます。




■ムシトリスミレの花
Dsc_0088


完全に咲きました。


■今日の内見
Dsc_0085


締まってます。




2017年3月 5日 (日)

キンリョウヘン満開 2017/03/04


キンリョウヘン第1号がほぼ満開になったので、ちょっと気が早いですが一応設置しました。


■キンリョウヘン満開
Dsc_0083


■巣箱に設置
Dsc_0084


分蜂が始まる頃には花が終わってるかな。




2017年3月 3日 (金)

ムシトリスミレ 2017/03/03


たまには違う植物も。


■ムシトリスミレ(ピンギキュラ)
Dsc_0078


ムシトリスミレは、その名の通り葉の表面から粘液を出して小さな虫を捕える食虫植物の仲間です。

うちでもキノコバエが発生したので駆除してもらってます。


そんなムシトリスミレが今日花を咲かせました。


■ムシトリスミレの花
Dsc_0079


桃の節句にぴったりの可愛らしい花です。


■ムシトリスミレの増殖
Dsc_0080


最初は1つの株でしたが、蕾が出始めたころに生長点が2つになりました。




■今日の内見
Dsc_0082


巣板がちょっと見えてるけど大丈夫かなぁ?

群がばらけてるだけならいいけど。

蜂児出しは未だに治まりません。




2017年3月 2日 (木)

キンリョウヘン開花 2017/03/02


加温していたキンリョウヘン原種赤花が咲きました。


■14時ごろ
Dsc_0075


■21時ごろ
Dsc_0076


Dsc_0077


予想どおり3月始めに咲きました。

加温開始から23日目に開花です。


初めて一から自分で咲かせたので嬉しいですね。

あと数日楽しんだら一応設置します。




2017年3月 1日 (水)

キンリョウヘンが開花しそう 2017/03/01


今期第1号のキンリョウヘンの開花が始まりました。


■12時ごろ
Dsc_0072


■18時ごろ
Dsc_0073


■21時ごろ
Dsc_0074


完全に咲くのは明日ですね。


データ取りのために細かい調整なしで咲かせましたが、5輪ぐらい咲いたら一応待ち箱と一緒に設置しときます。




キンリョウヘンの加温開始から21日後 2017/02/28


■花芽1
Dsc_0068


■花芽2
Dsc_0069


蕾がだいぶ膨らんできました。

あと数日で咲くと思います。




今日からもう1鉢のキンリョウヘン赤花の加温を始めました。


■キンリョウヘンの加温
Dsc_0071

夜間はリビングの冷蔵庫の上で加温です。


■キンリョウヘン原種赤花の花芽
Dsc_0070

この鉢は大株で、花芽は9個付いています。

今期の主軸になってもらう鉢で、3月20日~25日ぐらいの開花を目指します。




« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

関連商品

無料ブログはココログ