« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

着生ランの花芽 2017/06/29

■オサラン
Dsc_0401


■ツリシュスラン
Dsc_0403


■フウラン
Dsc_0404


■ミヤマムギラン
Dsc_0405


ミヤマムギランはこれで開花かな?

なんかまだ蕾みたな気もするけど。



ミヤマムギランが付いている流木から何か生えてきました。


■何か生えてきた
Dsc_0406


植物なのかどうかもわかりません。

何だろな~。


追記:チャダイゴケというキノコの仲間のコチャダイゴケのようです。




2017年6月27日 (火)

カボチャに洋蜂が訪花 2017/06/27


カボチャの花にセイヨウミツバチが訪花していました。


■カボチャに洋蜂が訪花
Dsc_0397


うちの庭の蜜源、セイヨウはほんとよく来るんです。

なんでうちの蜂は来ないかな~。

他所の蜜源がよっぽど魅力的なんでしょうね。




■今日のキノコ
Dsc_0398


シャコバサボテンの鉢に可愛らしいキノコが生えていました。

さっそく調べてみると、たぶん傘が開く前のコガネキヌカラカサタケだと思います。

食毒不明で、詳しいことはわかっていないそうです。




2017年6月26日 (月)

洋蜂が訪花 2017/06/26


マートル(ギンバイカ)にセイヨウミツバチが訪花していました。


■セイヨウミツバチが訪花
Dsc_0392


Dsc_0394


Dsc_0395


Dsc_0396


本命の二ホンミツバチはまだ見られません。




今日の内見 2017/06/25


まずはB群の内見です。


■入居後56日目
Dsc_0388


蜂に覆われて巣板がどこまであるかわかりません。

今はまだ5段ですが、7段にする前に採蜜をしようと思います。


■土台の内壁
Dsc_0389


巣門にもたむろしているので、帰ってきた外勤蜂が中に入るのに苦労していました。



■A群の内見
Dsc_0387


また減ったかな、、

弱小群な上に、最近はハエトリグモにシオヤアブといった天敵が追い討ちをかけています。


蜂児出しは日に0~3匹程に治まっていますが、これは産卵自体が減っているから児出しの数も少ないのかもしれません。

1段か2段採蜜して、巣板を覆う面積を増やそうかと考えましたが、この際、別の巣箱に引越しさせて一から巣作りしてもらおうかと思っています。

うまく誘導できるといいけど。




2017年6月22日 (木)

ナゴランが開花 2017/06/22


タコ壺に付けたナゴランが開花しました。


■ナゴランの花
Dsc_0381


とってもきれーい。

上品な美しさです。

陽が当たりすぎたせいか、何輪か花とびしてしまいました。



カシノキランの花芽も伸びてきました。


■カシノキランの花芽
Dsc_0382


今は水コケ植えですが、これもいずれは庭木付けにします。



ヨウラクランが花後に結実していました。


■ヨウラクランの実
Dsc_0384


実が小さすぎでピンボケしてます、、


■もう1つ
Dsc_0383


ちょうど夕日が当たって色が赤っぽくなってます。


■実のアップ
Dsc_0383x


花が極小だったので実も極小です。

あれだけ咲いたのに、結実したのはたった2つでした。


そういえば、今日ニイニイゼミの初鳴きを聞きました。

夏はもうすぐそこですね。




庭の虫達 2017/06/21


庭で見つけた虫達です。


■ギンスジオオマドガ
Dsc_0370


■上から
Dsc_0372


初めて見る蛾です。

葉の上に直立してるし、下の翅がちょっと透けていて、なかなかかっこいいヤツです。


■ナナフシ
Dsc_0373


■顔のアップ
Dsc_0374


鉢植えのボケの木にいました。

前脚をピーンと伸ばして枝に擬態しています。

これもうちの庭では初めて見ました。

翅も無いのにどうやって来たのだろうか?


■リンゴカミキリの仲間
Dsc_0376


たぶんソボリンゴカミキリかな。

柿の木の葉にいました。




2017年6月21日 (水)

今日の内見 2017/06/20


■B群の内見
Dsc_0367


入居から51日目、順調そのものです。

巣板は3段目の半分辺りでしょうか。

頼むから孫分蜂は控えていただきたい。




2017年6月17日 (土)

着生ランの花芽 2017/06/16


庭の着生ランに花芽が付きました。


■クモラン
Dsc_0361


■クモランの花芽
Dsc_0361x



■ナゴラン
Dsc_0362


■ナゴランの花芽
Dsc_0362x



■ミヤマムギラン
Dsc_0363


■ミヤマムギランの花芽
Dsc_0363x



■ボウラン
Dsc_0364


■ボウランの花芽
Dsc_0364x



どれも咲くのが楽しみです。




■今日の蜜原植物
Dsc_0359


マートル(ギンバイカ)が開花しました。

去年はセイヨウしか訪花しませんでした。

今年は去年よりも花が多いから二ホンミツバチも来てくれるんじゃないかとちょっと期待しています。




2017年6月13日 (火)

2度目の継ぎ箱追加 2017/06/12


今期入居のB群の巣箱に継ぎ箱を追加しました。


■継ぎ箱追加前
Dsc_0357


蜂塊は3段目の巣落ち防止棒まできてます。

巣板は殆ど見えませんが、おそらく2段目中間辺りかなと。

夏分蜂防止のためにも継ぎ箱追加です。


■継ぎ箱追加後
Dsc_0358


これで土台を含めて4段から5段になりました。

絶対夏分蜂を防止できるわけじゃないですが、確率は多少なりとも下がったと思います。


働き蜂の寿命は、羽化後約1ヶ月。(越冬中を除く)

ということは、飛来してきた蜂は女王を除いてもうここには1匹も居ないということ。


当たり前のことかもしれませんが、なんか感慨深いですね。




2017年6月11日 (日)

着生ランの木付け 2017/06/10


福岡県も入梅ということで、着生ランのシーズンがやってきました。

ということで、ヘゴ付けにしていたムカデランとカヤランを松の木に付けました。


■ムカデランとカヤランの木付け
Dsc_0356


カヤランは念のために根元にミズゴケを巻きました。

梅雨の時期は雨も多くて湿度も上がるので、着生ランの根がどんどん伸びます。

1ヶ月もすれば活着するかな。


追記:日が当たり過ぎるので、カヤランのみ移動させました。




2017年6月 9日 (金)

A群の内見 2017/06/09


■今日のA群
Dsc_0348


もうずっとこんな感じです。


現状としては、蜂児出しは日に3~5匹程度に治まっています。

尚、内部に巣虫が侵入しているようで、巣くずに黒い糞が混じっています。


巣板を間近で見るために、巣箱を倒すことにしました。

まず巣箱を持った感じでは、割とずっしりしていたので、密源不足は無さそうです。


■巣箱を倒して確認
Dsc_0349


ノーガードで見ていたら、しつこくアタックしてきたので久々に面布をかぶりました。


巣板を確認すると、最下層では卵や幼虫は確認できませんでした。

たまに花粉を持ち帰っているから、どこかしらで育児はしているはずだけど。


倒したついでに無駄巣を取り除こうと思いましたが、軽く引っ張っても取れませんでした。

蜜も見えるし、無駄巣ではないということにしておきます。


逆に、採蜜がてら最上段を取り除くか?

巣虫がそこにいるかもしれないし。

近いうちにやってみるかな。



■今日の着生ラン
Dsc_0350


セッコクとシノブの吊り玉です。(シノブはシダ植物)

よくよく見ると中に何かいます。


■アップ
Dsc_0351


ムムッ!

この後ろ姿は…


■答え
Dsc_0354


カナヘビちゃんでしたー。(ヘビじゃないよ、トカゲだよ。)

先日のアマガエルもそうだけど、よくこんなとこ見つけるなぁと感心します。




ボウランの播種 2017/06/08


昨日、取っておいたボウランの種を某コンポストにまきました。


■ボウランの種まき
Dsc_0345


ちっちゃいムカデランが何本か入ってますが気にしないでください。

小さすぎて木付けできなかったものをついでに置きました。

さぁ、ボウランがちゃんと発芽するか楽しみです。



■今日のビオトープ
Dsc_0346


今年もスイレンが咲きました。


■スイレンのアップ
Dsc_0347


きれいやわ~。



最近面白い発見をしました。

上の写真の左上に写っているトチカガミという水草ですが、最近葉の上にアブラムシが湧くようになりました。

とりあえず洗い流すために葉を沈めてジャブジャブすると、アブラムシが取れて水に浮きました。

すると、そのアブラムシをメダカがパクパク食べ始めました!


生き餌をやれるし、餌代も浮くしで一石二鳥です。

今は、あえてちょっと残して数日後増えたところでまたあげてを繰り返してます。




2017年6月 7日 (水)

モウセンゴケが開花 2017/06/06


ドロセラ・カペンシスこと、アフリカナガバモウセンゴケが開花しました。


■ドロセラ・カペンシス
Dsc_0342


Dsc_0343


上の2つの花はどちらもドロセラ・カペンシスです。

それぞれ別の株で、捕虫葉の様子から片方はアルバかなと思っていたけどどうやら違ったようです。


小さくて可愛らしい花ですが、開花時間が非常に短く、午前中に1~2輪咲いてお昼にはしぼんでしまいます。


ムシトリスミレもそうですが、食虫植物のイメージとは打って変わって、なかなか可憐な花を咲かせてくれますね。




■今日の内見(B群)
Dsc_0344


順調そのものです。

夏分蜂はなるべくしてほしくないので、近いうちに継ぎ箱をまた1段足したいと思います。




2017年6月 6日 (火)

巣虫が侵入 2017/06/05


蜂児捨てで弱体化したA群に、今度は巣虫が侵入していました。


■昨日の内見(A群)
Dsc_0340


右側面に巣虫の成虫が2匹います。

蜂児捨てが治まってきたと思ったら今度は巣虫とは、、


毎日巣屑が落ちるのに巣板の最下層に変化が無いということは、中間から上層部が喰われているということか。

さて、どうしたものかな、、




2017年6月 4日 (日)

デボニアナムの病気 2017/06/04


デボニアナムの葉芽が大きくなってきました。


■デボニアナムの葉芽
Dsc_0332


新芽をみていると癒されます。


でも親株が…


■デボニアナムの病気?
Dsc_0333


親株の葉先に斑点ができました。

これは病気かなぁ。

明日葉先をカットしてベンレートを塗っとくか。

子株にうつらないといいけど。




2017年6月 3日 (土)

農薬被害 2017/06/02


今日の夕方にB群を見に行くと、巣箱の前に複数の蜂が落ちていました。


■B群巣箱の前
Dsc_0334


お昼に確認したときには1匹も落ちていませんでした。

周辺にはまだ歩いている蜂もいましたが、足を爪先立ちのようにして震えながら歩いていました。

去年、A群でも見た症状ですが、おそらく農薬による影響で間違いないと思います。


■回収
Dsc_0335


全部で22匹。

息も絶え絶えにもがき苦しんでいる様子を見ていると本当に心が痛みます。


B群は家の東側ですが、南側に置いているA群には幸いにも症状が出ませんでした。

問題の蜜源は共有していないようで助かりました。


追記:帰巣の途中で曝露された可能性もありますね。




2017年6月 1日 (木)

順調 2017/05/31


先日、巣箱内に蜂が散らばっていた件ですが、特に問題は無さそうです。

造巣よりも蜂数の増加スピードが上回って、居場所が無い蜂が下の方まで来てたのかなと。


昨日も元気に時騒ぎやってました。


■昨日の時騒ぎ
Dsc_0325


Dsc_0326

今回はわりとうまく撮れました。


■今日の内見(B群)
Dsc_0331

モリモリ増えてます。



■今日のぽっちゃりガエル
Dsc_0327

定位置のイチジクの木にいました。

違う場所で見つけても毎回ここに戻ってきます。


■下からのアングル
Dsc_0329

お肉はみ出してますけど…(笑)




« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

関連商品

無料ブログはココログ