キンリョウヘン

2017年8月 3日 (木)

シンビジウムハニービー 2017/08/02


シンビジウムハニービーを購入しました。


Cymbidium Honey Bee
Dsc_0560


到着早々植え替えです。

購入したランは花芽が付いていない限りすぐ植え替えた方が無難です。

大抵根腐れしてますから。

今度のも半分根腐れしていたので、死んだ根を切り取ってペレポストに植え替えました。


■ペレポストに植え替え
Dsc_0561


真っ直ぐ植えたつもりが、斜めってます。

後から出る新芽は真っ直ぐ伸びるから問題無し。



■今日のフィンレイソニアナム
Dsc_0562


ほぼ全て咲き揃いました。

株のことを考えて切り花にするか、受粉させて種を取るか。

迷うところです。




2017年8月 2日 (水)

キンリョウヘンと 2017/08/01


遮光率50%下で栽培中のキンリョウヘンです。


■キンリョウヘン
Dsc_0558


新芽もいくつか付いて、順調に育ってます。



ところで、お気付きだろうか。

画像中央付近に緑色のヤツがいたことを。


■アップ
Dsc_0559_2


メタボガエルを見なくなってから約2ヶ月。

どこかで卵を産んでちょっとスリムになって戻ってきたのか、はたまた新入りのカエルか。

どちらにしろ、また庭に居着いてくれるといいなぁ。




2017年7月31日 (月)

デボンオデッセイ 2017/07/30


1年ほど前にシンビジウムデボンオデッセイを入手しました。

入手当初は大半が根腐れしていて、ひどい状態でした。


過去記事:デボンオデッセイ 2016/08/02


あれから、新しいバルブもできて完全復活しました。


■デボンオデッセイ(画像中央)
Dsc_0552_2


根もどんどん増えてきてます。


■デボンオデッセイの根
Dsc_0553


来年こそは花が見られるといいなー。。




2017年7月29日 (土)

フィンレイソニアナム開花 2017/07/28


シンビジウムフィンレイソニアナムが開花しました。


■フィンレイソニアナムの花
Dsc_0542


Dsc_0543


いかにも原種らしい花。

ド派手な交配種もいいですが、自分はやっぱり原種が好きです。

いつか自生地で見てみたいなぁ。。


午前中は1輪しか咲いていませんでしたが、午後になったら3輪になってました。


■午後の花穂
Dsc_0545


本当に成長が早いです。

シースが割れ始めてから1週間でこの状態です。


来年は鉢ごと木にぶら下げて、支柱無しで下垂させて咲かせようと思います。




2017年7月28日 (金)

フィンレイソニアナムの花芽 2017/07/27


■フィンレイソニアナムの花芽
Dsc_0540


夏場で気温が高いからだろうけど、花芽が伸びるのがかなり早いです。



■開花間近
Dsc_0541


一番最初の蕾はもう明日にも咲きそうでした。

明日が楽しみ~。




2017年7月27日 (木)

順化から11ヵ月後のスアビッシマム 2017/07/26


去年の8月末にフラスコ苗を順化したシンビジウムスアビッシマム(Cymbidium suavissimum)のその後です。


■順化から約11ヶ月後
Dsc_0533


順調に成長しております。


■株のアップ
Dsc_0534


中央の株は葉が10枚もありました。


もう1鉢ありますが、そっちは順化するのが遅れて瓶の中で徒長させてしまったので、その分成長が少し遅れています。




2017年7月25日 (火)

フィンレイソニアナムの花芽 2017/07/24


趣味ランのシンビジウムフィンレイソニアナムの花芽が伸びてきました。


■フィンレイソニアナムの花芽
Dsc_0530


シースが割れ始めて2日でここまで伸びました。

フィンレイソニアナムは下垂性で花穂が結構長いらしいので長めの支柱を立てました。

楽しみだな~。




2017年7月23日 (日)

根腐れからの復活 2017/07/22


趣味ランのシンビジウムフィンレイソニアナムです。


■シンビジウム フィンレイソニアナム
Dsc_0515


以前はバークに植えていて、春の長雨のときに酷い根腐れをおこしたので、ダメ元で根を全部切り落としてペレポストに植え替えていました。

そしたら最近発根していることに気付きました。


■フィンレイソニアナムの根
Dsc_0516


それだけでなく、なんと花芽まで付いていました!


■フィンレイソニアナムの花芽
Dsc_0518


Dsc_0519


バルブが2株しかないので、どちらかと言うと葉芽の方がよかったかも。

でも花を咲かせられるほど根が復活したということかな。

とりあえず、どんな花が咲くか楽しみです。



フィンレイソニアナムの他に、アロイフォリウムも根腐れをして根を全部切り取っていました。

同じくバーク植えからペレポストに植え替えていたのですが、こちらも発根していました。


■シンビジウムアロイフォリウムの気根
Dsc_0520


気根がたくさん出てきました。


フィンレイソニアナムもアロイフォリウムも、復活してくれて本当によかった!




2017年6月 4日 (日)

デボニアナムの病気 2017/06/04


デボニアナムの葉芽が大きくなってきました。


■デボニアナムの葉芽
Dsc_0332


新芽をみていると癒されます。


でも親株が…


■デボニアナムの病気?
Dsc_0333


親株の葉先に斑点ができました。

これは病気かなぁ。

明日葉先をカットしてベンレートを塗っとくか。

子株にうつらないといいけど。




2017年4月25日 (火)

ミスマフェットの植え替え 2017/04/25

3日前からまた探索蜂が来始めて、2日前には10~20匹程度になり、昨日来なくなりました。

今季2度目の思わせぶり。

うちの近くの群れはおそらく飼育群で、分蜂の都度捕獲されておられるのでしょう。

今期の捕獲は0に終わりそうです。。


気晴らしにミスマフェットの植え替えをしました。


■ミスマフェット
Dsc_0219

根の張りは抜群ですが、昨季日に当てすぎたため葉の裏が黒くなってます。

この株も、バークから例のコンポストに植え替えました。


庭のボリジにミツバチが訪花していました。


■ボリジに訪花
Dsc_0218

Dsc_0215

一見するとセイヨウミツバチのようですが、サイズがちょっと小さいような?

年老いて腹部が伸びたニホンミツバチかも。


■セイヨウミツバチ
Dsc_0213

会社のツツジに訪花していました。

ちょっと見にくいですが、腹部のオレンジと黒が半分ずつに分かれています。

他では見ないので、割と珍しい品種なのかな?


■キオビツヤハナバチ
Dsc_0210

Dsc_0211

ノゲシに訪花しているキオビツヤハナバチです。

足に花粉団子付けてます。


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

関連商品

無料ブログはココログ