その他の植物

2017年9月 2日 (土)

サンスベリア・マッソニアーナ 2017/09/01


サンスベリア・マッソニアーナです。

先日のグランディスとよく似ていますが、こっちの方が大型になります。


■サンスベリア・マッソニアーナ
Dsc_0614


子株が出てきました。


■マッソニアーナの子株
Dsc_0615


早く大きくなーれ。




2017年8月29日 (火)

サンスベリア・グランディス 2017/08/28


サンスベリア・グランディスです。


■サンスベリア・グランディス
Dsc_0602


一番最初は、左の倒れた葉1枚でした。

去年真ん中の2枚目が生えて、今年右の子株が出てきました。


■子株のアップ
Dsc_0603


子株が中を押し広げて鉢が変形してしまいました。


グランディスの葉の模様が特に気に入っています。

葉が若いほど模様の濃淡がくっきりしていてきれいです。




2017年7月18日 (火)

ヒツジグサが開花 2017/07/17


今年も睡蓮鉢のヒツジグサが開花しました。


■ヒツジグサ
Dsc_0487


在来種で、小型の睡蓮です。

主に未の刻(14時前後)に咲くので未草(ヒツジグサ)です。


■睡蓮鉢の底
Dsc_0488


去年のヒツジグサのこぼれ種がたくさん発芽して、底面を覆いつくすほど育っています。


■今日のアブ
Dsc_0486


外壁に見慣れないアブが止まっていたのでパチリ。


早速調べてみると、コウヤツリアブということがわかりました。

ハキリバチやドロバチの幼虫に寄生するアブらしいです。




2017年6月 7日 (水)

モウセンゴケが開花 2017/06/06


ドロセラ・カペンシスこと、アフリカナガバモウセンゴケが開花しました。


■ドロセラ・カペンシス
Dsc_0342


Dsc_0343


上の2つの花はどちらもドロセラ・カペンシスです。

それぞれ別の株で、捕虫葉の様子から片方はアルバかなと思っていたけどどうやら違ったようです。


小さくて可愛らしい花ですが、開花時間が非常に短く、午前中に1~2輪咲いてお昼にはしぼんでしまいます。


ムシトリスミレもそうですが、食虫植物のイメージとは打って変わって、なかなか可憐な花を咲かせてくれますね。




■今日の内見(B群)
Dsc_0344


順調そのものです。

夏分蜂はなるべくしてほしくないので、近いうちに継ぎ箱をまた1段足したいと思います。




2017年5月24日 (水)

死んだ蜂児の利用法 2017/05/23


数ヶ月前から巣箱の近くに捨てられている蜂児を見て、何か利用法が無いか考えた結果、うちの食虫植物にあげることにしました。

放置したらアリの餌になるだけなので、拾った内何匹かを食虫植物にあげて、残りは鉢植えの土に埋めて肥料にしていました。


■アフリカナガバモウセンゴケ(ドロセラ・カペンシス)
Dsc_0293

そのおかげか、育成が頗る良くなりました。


■捕虫葉のアップ
Dsc_0292

毛の先に付いた粘着液がキラキラしてきれいです。


■蜂児を置く
Dsc_0118

■翌日
Dsc_0124

■数日後
Dsc_0148

蜂児を乗せると、翌日には葉が丸まって、数日後には消化吸収してカラッカラになります。


■ドロセラ・カペンシスの花芽
Dsc_0286

■たぶんアルバ(白花)の花芽
Dsc_0285

今回初めて咲くのでどんな花か楽しみです。



■サスマタモウセンゴケ(ドロセラ・ビナタ)
Dsc_0287

蜂児付けすぎかな。


この種は、フタマタ・ヨツマタ・ヤツマタとあって、全部同種のようです。

去年はフタマタでしたが、この葉はなぜかミツマタになりました。



■ムシトリスミレ(ピンギキュラ)
Dsc_0288

これも最初は1株でしたが、蜂児をあげてたらどんどん株分かれして、今は5~6株くらいになってます。


■捕虫葉のアップ
Dsc_0290

こっちも小さな水玉がきれい。

ムシトリスミレの葉は、虫が付いても殆ど動きません。


因みに、蜂児を埋めた鉢植えも、植物の育成がかなりいいです。

やはり蜂児は栄養満点ということですかね。




2017年3月 7日 (火)

モウセンゴケ 2017/03/07


また食虫植物。

今回は、アフリカナガバモウセンゴケ(ドロセラ・カペンシス)です。

この子は前回のムシトリスミレ以上に小虫をバンバン捕獲します。


■モウセンゴケ
Dsc_0086


左のポットは何も無いように見えますが、実は休眠中のサスマタモウセンゴケ(ドロセラ・ビナタ)です。


■成長中
Dsc_0087


カペンシスは2株です。

新しい葉がどんどん出てきてます。




■ムシトリスミレの花
Dsc_0088


完全に咲きました。


■今日の内見
Dsc_0085


締まってます。




2017年3月 3日 (金)

ムシトリスミレ 2017/03/03


たまには違う植物も。


■ムシトリスミレ(ピンギキュラ)
Dsc_0078


ムシトリスミレは、その名の通り葉の表面から粘液を出して小さな虫を捕える食虫植物の仲間です。

うちでもキノコバエが発生したので駆除してもらってます。


そんなムシトリスミレが今日花を咲かせました。


■ムシトリスミレの花
Dsc_0079


桃の節句にぴったりの可愛らしい花です。


■ムシトリスミレの増殖
Dsc_0080


最初は1つの株でしたが、蕾が出始めたころに生長点が2つになりました。




■今日の内見
Dsc_0082


巣板がちょっと見えてるけど大丈夫かなぁ?

群がばらけてるだけならいいけど。

蜂児出しは未だに治まりません。




その他のカテゴリー

関連商品

無料ブログはココログ